矯正歯科の治療手順と費用|歯のトラブル解決

歯医者

人工歯根と差し歯の違い

歯医者

京都で年をとってくると歯が抜けたり、固い食品を食べたことによって歯が欠けてしまったりすることがよくあります。京都ではそのよう場合によくインプラント治療が行われるのですが、昔からある差し歯とインプラントを混同して考えている人も多いのです。京都でこの2つは全くことなる治療法となっており、差し歯は少しでも残った歯の上にプラスチックや金属などで生成された土台を入れるかぶせ物治療となります。差し歯が利用できる条件は土台を入れるだけの歯が少しでも残っているということです。まったく歯が無い状態では差し歯は利用不可だといえるでしょう。それに対してインプラント治療は、全く歯が無い状態でも活用できる方法となっているのです。
京都で実施されるインプラント治療ではチタンで作製されたネジのようなものを、歯肉と顎の骨に埋め込むことで実施されます。それを土台として人口の歯を上に乗せていくので、他の歯に負担をかけることなく治療をすることが可能です。また、差し歯に比べて目立ちくいというメリットがインプラントにはあるので、見た目を気にする人にとっても最適な治療方法だといえます。デメリットとしては歯の骨に埋め込む技術なので、治療費と材料費が割高になってしまうことだといえるでしょう。ですが、長い目で見れば他の治療方法よりも安くなることが多いので、インプラントはお得だといえます。最近では利用者数も増えて少しずつ治療費が下がっているので、料金を比較してみるのも良いでしょう。